河野談話を守る会のブログ2

ヤフーブログ閉鎖のため移住しました

マワシによる弊害

日本の公娼制度の伝統的「マワシ」は強制売春の証しである

1、マワシはどのように始まったか? 我が国では、長い期間、女性を売買し遊郭で性奴隷として酷使する習慣があった。 人権思想も何もないような江戸時代後期の吉原には”廻し”と呼ばれる遊郭の悪習慣が生まれた。このやり方が後に日本全国に広まり、さらに下…

創価学会婦人平和委員会の採談=「同じ日本人の女性として、言葉に表すこともできない憤りに苦しんだものでした」

政権の一翼を担う公明党だが、「慰安婦」問題に関する発言は極端に少ない。いや、すでに「政権の一翼を担う公明党」ではなく「自民党の一部としての公明党」かもしれないが。 朴大統領と安倍首相の会談や日韓交渉について与党の一員としての公明党、またその…

再掲;皇軍慰安婦の特徴を考える「マワし”が辛かった (前半)」

「一日に10人も20人もいやいや相手をしなければならない・・・」 これが強制売春の特徴の一つである。 たいていの女性の身体は、10回も20回もやれるようにはできていない。 もちろん、たいていの男性も「10回も20回も」は無理だろう。 この労働…

【強姦」から見た大東亜戦争史】”マワし”が辛かったという慰安婦たちの話  (前半)

1、「マワし」とは集団強姦の事である 「マワす」という言葉は集団強姦を意味する隠語である。 悪霊たちはこういう風に使う。 「あの女、マワしちまおうぜ」 2003年に発覚した組織的集団強姦「スーパーフリー」事件の主犯である和田被告は、第56回公判…

元々日本の遊郭システム自体が、犯罪行為の温床であり、その犯罪行為を植民地や戦地にまで広げて行ったのが、皇軍の慰安所であった

元々日本の遊郭システム自体が、犯罪行為の温床であり、その犯罪行為を植民地や戦地にまで広げて行ったのが、皇軍の慰安所であった・・・・ 日本の遊郭制度について、本ブログでもいくらか考察を加えて来た。元々、神社の祭礼の一部として生まれ発達した日本…