河野談話を守る会のブログ2

ヤフーブログ閉鎖のため移住しました

再掲;皇軍慰安婦の特徴を考える「マワし”が辛かった (前半)」


「一日に10人も20人もいやいや相手をしなければならない・・・」

これが強制売春の特徴の一つである。

たいていの女性の身体は、10回も20回もやれるようにはできていない。
もちろん、たいていの男性も「10回も20回も」は無理だろう。

この労働は我々男性が思っているよりも、はるかに惨い3K労働だった。

自由売春では、1日に1,2回ぐらいだが、遊郭の流れをくむ日本のソープランドでは、現在でも1日に多数の相手をしている。ただし、10人も相手をすることはまずないだろうし、現在の日本の風俗営業ではたいていの場合、辞めるのは自由、就業日程を自分で決めるところも多いので、「強制売春」や「強姦」であるとは言えない。
そういう違いを押さえながら、読んでほしいと思う。

銃弾が飛び交うような場所に連れて行かれ、逃げることもできず、苦しい労働をさせられたという事実を我々は考えなければならないのだ。



       1、「マワし」とは集団強姦の事である


「マワす」という言葉は集団強姦を意味する隠語である。
悪霊たちはこういう風に使う。
「あの女、マワしちまおうぜ」

2003年に発覚した組織的集団強姦「スーパーフリー」事件の主犯である和田被告は、第56回公判で、明大サークルでも行われているから、「スーフリでもマワしをやりましょうよ」と提案されたことを陳述している。

「マワす」
現代でも生きている言葉である。

ところで、この言葉どこから生まれたのだろうか?

18世紀末から19世紀初頭の世事を記録している『世事見聞録』武陽陰士)は「遊郭」についてこう書いているという。

「廻しといって5人でも10人でも客のあり次第に廻して相手させる。年いたらぬ者にむりな勤めをさせ、色欲強請な大人の相手をさせ、病気も構わずせめ遣う・・・」

つまり、「集団強姦=マワし」の語源は江戸時代の遊郭である。人権も何もない時代。女郎を道具としか見ない金儲け主義の遊郭業者たちが、一晩に何人もの相手をさせようとした。・・・・これが「マワし」である。
「マワし」は「集団強姦システム」に他ならない。

どの国にも「売春婦」はいた。最近そんな理屈を述べていた人たちがいた。
しかし大抵の国の自由売春では、おおむね一日に一人と相場が決まっていた。もちろん現代でも犯罪組織ガラミで売春させる場合には”廻し”がされる事もあるだろうが、日本軍は犯罪組織ではないだろう。いや犯罪組織みたいなものだったかも知れない。司馬遼太郎は「日本軍は匪賊のようなもの・・」と述べていたが、強盗、強姦・殺戮・・・たいていの事はやっていたからである。

それはともかく、後で出てくるが、我が国でも沖縄の辻遊郭のジュリたちは、一日に一人の相手をするのが伝統であった。ところが本土では「マワし」が蔓延していた。古代ローマ帝国の奴隷売春宿じゃあるまいし、日本の遊郭では明治以降もこの「集団強姦」が続いていたのである。



          2、詰めかける軍人

歌舞伎の「助六由縁江戸桜」に「間夫がいなけりゃ遊女は闇」という。遊郭は闇の世界の存在であった。

しかし、それでも「慰安所」よりはましだったのだ。
慰安所はさらにひどく軍人がつめかけ、こんな感じだったのだという。

和気シクルシイ 『戦場の狗』  筑摩 1993 
1941,42
著者は士官学校出でもなく、大学出でもないのに、松岡洋右の私的諜報員
だったがゆえに「将校」であった。

「その夜、私たちは部隊と共に行動している大勢の女性を見た。日本人、
朝鮮人、中国人など服装の違いで分かる。女たちは話し合うでもなく、
黙りこくって・・・・一様に明るさがなく、暗い顔をしていた。」
「・・・扉の外にはまだ20人ほどが順番を待っていた。これはもう
輪姦に等しい。」
 

「扉の外にはまだ20人ほどが順番を待っていた。これはもう輪姦に等しい」・・・なのである。
慰安所には、軍人が詰めかけ、しばしばごったがえした。

宮部十三 ビルマ最前線』 1980
 マラッカ 
1943
 
「・・・何万という兵隊に対して僅かな慰安所では日曜日ともなればその門前
は兵隊の列が続く」

岡本信男 ラバウルの落日』 1975
 
 
1943
 
「・・・・朝鮮の女がほとんどで一部沖縄の女ということだった」
 
「入り口の外にはずらりと兵たちが列をつくって、順番を待っているのには度肝
を抜かれた」


「・・・ずらりと兵たちが列をつくって、順番を待っている」のだ。

竹井慶有 『南の島に下駄はいて』 1992
水上偵察機
1944 
 
建物の出入り口はなく、代わりに、荒むしろが一枚垂れ下がっているだけの
間取りで、この荒むしろが内部と外部の境界を形つくっている。
「何事ですか?」と、並んでいる兵隊にたずねたら、「ここはラバウルの慰安
所だ。毎日こんなに繁盛してますよ」と教えてくれた。

こうしてたくさんの相手をしなければならない事に順応しようとした女性もいただろうし、稼ぎの少ない女性には、罰として「暴力や折檻」「食事抜き」「罰金」などの報復がなされたのである。




       3、これは決して楽しい事ではなかった。できれば逃げ出した
      かったのである。





総山孝雄氏の『南海のあけぼの』には、募集して集めた女性たちを縛って、強姦するシーンが出て来る。ここで集められた女性たちは、元々売春婦であり、「英軍時代には一晩に一人ぐらいを相手にして自分も楽しんでいたらしい」・・と総山は書いている。

自由売春ではおおむねそんな感じになるのだが、慰安所ではそういうわけにはいかない。後から後から、兵隊が押し寄せて来るからだ。
そこで、嫌がっても縛りつけて強姦している。


『南海のあけぼの』

総山孝雄少尉(近衛師団)のシンガポールでの体験

一九四二年
二月二七日、われわれの駐屯地のほど近いところに慰安 所が開設された。軍隊は若い盛りの将兵をいっぱいに抱 えている。従って、作戦を終わって一地に落ちつくと、 住民の女性とのトラブルの発生を防ぐために、一刻も早く慰安所を開設して生理発散の場を与えようとするのが軍の習わしである。軍司令部の後方係りが、早速住民の 間に慰安婦を募集した。すると、今まで英軍を相手にしていた女性が次々と応募し、あっという間に予定数を越えて係員を驚かせた。難攻不落のシンガポール要塞を陥 落させた日本の将兵は、今や住民の憧れの的であったから、「日本兵のお相手ができるならば」と喜々として応募し、トラックで慰安所へ輸送される時にも、行き交う日本兵に車上から華やかに手を振って愛嬌を振りまいていた。ところが慰安所へ着いてみると、彼女らが想像もしていなかった大変な激務が待ち受けていた。昨年の一二月初 めに仏印を発ってより、三カ月近くも溜りに溜った日本軍の兵士が、一度にどっと押し寄せていたからである。私の部隊からも何人かの兵が喜び勇んで出かけていったが、気の弱い一人の衛生兵が、間もなくしょんぼりと打ち沈んで帰ってきた。ちょうど医務室で軍医と雑談していた私が、「どうしたんだ、しょんぼりして。どうだった」と聞くと、彼は言葉もなく座り込んで首を振り、ただ一 言、「かわいそうだった-------」とつぶやいた。軍医が問いただしてみると、次のような 話を聞かせてくれた。彼が行ってみると、薄板を張って小部屋を仕切った急増の慰安所の部屋部屋の前には、兵たちがいくつもの列を作って、並んで待っていた。前の奴が時間をかけている と、何しろ皆気がせいているから、「何をしているか、早くすませてかわれ。後がつかえているんだぞう」と叫んで、扉をどんどん叩いたという。中の奴がどんな 格好でこの音を聞いていたか、想像に余る奇怪な光景で ある。英軍時代には一晩に一人ぐらいを相手にしても自分も楽しんでいたらしい女性たちは、すっかり予想が狂 って悲鳴を上げてしまった、四、五人すますと、「もうだめです。体が続かない」と前を押さえしゃがみ込んでしまった。それで係りの兵が「今日はこれまで」と仕切ろうとしたら、待っていた兵士たちが騒然と猛り立ち、殴り殺されそうな情勢になってしまった。恐れをなした係りの兵は、止むを得ず女性の手足を寝台に縛り付け、「さあどうぞ」と戸を開けたという。ちょうど番が来て中へ入ったくだんの衛生兵は、これを見てまっ青になり、体のすべての部分が縮み上がってほうほうのていで逃げ帰ってきたというのであった。




「女性の手足を寝台に縛り付け」てやっておきながら慰安婦制度が「強制売春ではない」という意見が成立するとは到底思えないが、それはともかくもともと「英軍を相手」をしていた女性たちでさえ、4,5人で悲鳴をあげているという事実を注視しなければならない。
どこの国の軍隊にも基地の周りには将兵が落とすお金を目当てにした売春婦が詰めかけた。最近右派が述べている韓国の「基地村」もそういう形である。しかし、これは日本軍慰安婦とはまるで異なっている。

沖縄「慰安婦」問題の研究で知られる古賀徳子は、軍が沖縄に慰安所を造り始めた1944年以降、「慰安婦」が不足していた第32軍の副官が、辻(チージ)の遊郭の業者を集めて協力を要請したと書いている。
その際に以下のようなことが起こったのである。

「・・・一日に数多くの相手を強制される慰安所の実態が知られると、
ジュリは廃業願いを持って那覇警察署に殺到した。」
(古賀徳子「沖縄戦における日本軍「慰安婦」制度の展開」『戦争責任研究』63号、2009春P67)

一日に一人だけ相手にすれば良かった辻遊郭のジュリたちにすれば、一日に数人から数十人を相手にする「慰安所」は耐えがたいものだったに違いない。

日本人元慰安婦による証言では

その頃(注:ミンダナオ島のタバオにいた時)は、現役の若い兵隊さんばかりで
一日7、8人が限度、楽じゃないけど体を悪くすることはありませんでした。
半年ぐらい働いて、 去年の10月末にこのラボウルに来たんです。ここでは、大
きな部隊(38師団<名古屋>)の専属になって、とても忙しかったんです。
毎日朝から12、3人もの兵隊さんの相手をさせられてお金にはなりましたけど、
辛いんですよ。それで、辛いというと、「最前線の女は、一日30人もの相手
をするのに、お前たちはなんだ」と叱られるのです。でも30人なんてとても、
せいぜい20人がやっと、1週間も続いたら体を悪くしますよ。

青年将校慰安婦、みやま書房、1986、66ページ)

7,8人が限度で、20人が一週間も続けば、体を悪くする、というのだ。
「30人なんてとても」だという。

アンボン島の主計将校の眼から見ると


 海軍経理学校補修学生第十期文集刊行委員会企画編集『滄溟』 1983
所収312Pー[坂部康正氏の手記]
 
坂部康正氏は、海軍第25特別根拠地隊司令部付きの主計将校
1945

日本の兵隊さんとチンタ(恋人)になるのは彼等も喜ぶが、不特定多数の兵隊さ
んと強制収用された処で、いくら金や物がもらえるからと言って男をとらせられる
のは喜ぶ筈がない。クラブで泣き叫ぶインドネシア若い女性の声を私も何度
も聞いて暗い気持ちになったものだ。
果たして敗戦後、この事がオランダ軍にばれて、現住民裁判が行われたが、
この計画者は既にアンボンに居らず、それらの女性をひっぱった現地住民の
警官達がやり玉に上って処罰された程度で終ってしまった。彼女達が知って
いるのはひっぱった警官だけで、この事件の真相は闇に沈んだ。
 

不特定多数の相手をさせられて泣き叫ぶ声がしていたというのだ。
嫌々ながら、やらされていたのである。
たいていの女性にとっては10人も相手にするのはそれだけで苦しい事だったのだ。それを強制的にやらせていたのである。
そして、こうした苦しさをまるで、想像できない人々が「ただの売春婦」などと言えるわけだ。

(つづく)